オンラインカジノの税金を解説!税金はばれない?

オンラインカジノ オンラインカジノ 税金

オンラインカジノで運よく勝利した場合、勝利金を手に入れることができますが、この場合、勝利金に税金がかかるのかどうか分からないということもあると思います。

 

税金について知らないと、あとあと大変になったりしますので、基本的な知識は持っておいたほうがいいといえます。

 

ということで、今回はオンラインカジノの税金について解説していきます。

オンラインカジノで税金はかかる?

結論を先に言ってしまうと、オンラインカジノで勝利したお金に対しては税金がかかります。

 

一時所得として税金が発生するので、適切な申告が必要になります。

 

確定申告をしないと脱税になってしまいますので、注意しないとですね。ただ。50万円以下の場合には、控除されるので申告は必要ありません。

 

年間で50万というと、ちょっとした遊び程度であれば、いかない可能性もありますが、オンラインカジノはペイアウト率が高いので、けっこう当たりやすく、超える場合もあるので、そのときには申告しないとですね。

 

収支をあまり細かくつけていないで、適当にやっていると、超えてしまっている場合もあると思うので、しっかり収支の管理をして計算する必要があります。

 

ちなみに、競馬とかパチンコも実は課税対象らしいですが、勝利金が現金で支払われて記録が残らないので、取り締まりが難しくて放置されているという状況なんだそうです。

 

オンラインカジノとかネットで馬券とか購入したりする場合には、記録が残るので、税金が把握されて、取り締まりがあるそうですよ。

 

オンラインカジノはパチンコ、パチスロよりは稼ぎやすいと言われていますが、税金面ではマイナスがあるといえますね。

オンラインカジノの税金はばれない?

オンラインカジノはいろんな決済手段があり、仮想通貨とか電子決済であれば、ばれないのではないかという考えもあるようです。

 

これについては、どんな方法であれ、最終的には自分の口座にお金が入りますので、その流れで、勝利金がバレてしまうみたいです。ばれずに自分の手元にお金を残すというのは難しいようです。

 

税務署は権限が強いので、いろいろな組織や銀行とかを調べることができて、オンラインカジノのようにネット上に記録が残るものは、確実にばれるみたいです。

 

バレていないと思っていても、実は泳がされているだけってこともあるらしいですよ。そして、しばらくしてから、税務署職員がきて、追徴課税とかになることもあるようです。

 

住宅ローンとか車を買ったタイミングとかで、調査がきたりすることもあるようですし、税務署をだまして出し抜くというのは無理ゲーという感じみたいですね。

 

税金逃れがバレたときのリスクは大きいですし、最初から適切に申告して納税したほうがいいですね。

オンラインカジノの税金の注意点

オンラインカジノの税金の注意点としては、負けた分は損失に計上できないという点があります。

 

勝ったときのぶんの経費のみで、投入した資金のすべてを損失に計上することはできないそうです。

 

また、50万円まで控除されると、先に説明しましたが、一時所得が、オンラインカジノ以外にもある場合には、それを足して計算する必要があります。

 

つまり、オンラインカジノ以外にも一時所得がある場合には、オンラインカジノの勝利金が50万円以下でも、申告が必要になることもあるので、この点は注意が必要です。

 

そこまで勝たなければそんなに不安になることもないと思いますが、がっつりとオンラインカジノを遊んで、高額な勝利金を得ているという場合には収支の計算をしっかり行って、しっかり納税していきましょう。

 

不明な点があれば、税理士に相談すれば対応してもらえると思いますので、気になる点があれば、税理士に相談してみましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました